きょうのイベント | 今月の公演リスト
Home > 2011年 8月26日 の開催公演
 13 件 の記事があります。

2011.08.26

締切8/26 チカチカ☆パフォーマンススポット 延長募集

札幌駅前通地下歩行空間にパフォーマンスを通じた交流ある賑わいをつくりだすため、大道パフォーマンス・音楽活動・美術系活動に活動場所を無料で提供します。参加を希望する皆さんは募集要項にしたがって、奮ってご応募下さい。オーディションの上、活動ライセンスを発行いたします。 » More

8/26-8/28 ちえりあ寄席

ちえりあ寄席 出演: 瀧川鯉ちゃ、春風亭べん橋、ぴろき、ナイツ、ボンボンブラザーズ、三遊亭圓馬、桂小南治、瀧川鯉昇、昔昔亭桃太郎、三笑亭夢之助、三遊亭小遊三、桂歌丸(※出演者は毎回変更) 会場:ちえりあ (4stage)
料金: 前売大人¥2500 ほか 詳細:→会場HP

はこうまニュース vol.58 (ミニ版)

hakouma_news_01

関西の演劇UST番組 SP水曜劇場 が劇団・劇場のCMを募集
「さっぽろアートステージ 2011」 公式サイトが始動
「札幌演劇シーズン」 の公式サイトがオープンしました
教文短編演劇祭201111☆9 が2連覇! 「劇王IX」へ
事例:「観客」が映像を提供するライブ中継ATTIC

8/26 教文短編演劇祭 劇団天然ポリエステル 「科人」

ご覧になる方は一発でお解りになるでしょう。この物語は3月11日から始まります。私をはじめ被災をまぬがれた多くの人間たちはあの日、自分の無力さを痛感し涙を流しました。何も出来ない鬱になったヒーロー。この作品をただのコメディとして笑える日がきますように― 埼玉より初参加。» More

8/26 ふかがわ市民劇団 in11 「ブラゾン、ダラゾン。」

人間は、面倒なことはすべて人間が造った物質と物体とに託した。自分たちが幸せになるために。しかし、それは幸せへの一歩なのか、それとも危うい世界への一歩なのか。人間とアンドロイド。迷いながらも、それでも前に進むことを選んだ。その先に希望が頬笑んでいることを描いて。» More

8/26 教文短編演劇祭 劇団アトリエ 「みんな☆おんなじ!」

私がいる。世界の中に日本があって、日本の中に社会があって、社会の中に集団があって、集団の中に私がいる。でも本当に私なんているんだろうか。よく考えてみると、私は、私のことなんて全然知らない気がする。本当に私は私なんだろうか― 劇団アトリエが贈る、短編演劇祭 参加作品。» More

8/26 TUC+KYOKU 「朝においしい紅茶をどうぞ」

丘の見える小さな町。いつも静かなこの町が、今朝は何やら不穏な空気。どうやら事件が起きたらしい。この町に住む、とある家族の朝の食卓。いつもと同じフランスパンとベーコンエッグ。母と息子、事件を聞きつけてやってきた叔母の三人が、朝の食事をはじめます― 短編演劇祭 参加作品!» More

8/26-8/28 劇団新劇場 「明日に向かって逃げろ!!」

明治30年、シアトルの娼婦街に“アラビアお八重”という日本人がいた。彼女こそ、後の婦人運動家 山田わか その人である― 新聞記者の立花は彼女を連れ脱出を決行。チャイナ・タウンの闇組織は暗殺者「スコーピオン」を追跡者として送り込む。1200キロの逃避行、そして意外な結末とは…!? » More

8/26-8/28 教文短編演劇祭 2011

ついに本州からも出場者が現れた教文短編演劇祭!ルールは簡単、20分以内の演劇作品を1日4作品一挙上演!直後の観客投票で勝者を決めるガチンコバトル!決勝には昨年度チャンピオンと、なんと愛知の短編演劇祭「劇王」の覇者が登場!全国区の勝負の行方に、予選から目が離せない!! » More

8/26 おたる狂言堂 野村万作 小樽狂言会

人間国宝・野村万作 小樽初公演!
おたる狂言堂 野村万作 小樽狂言会
会場: 旧岡崎家能舞台・小樽市公会堂 前売¥7000 ほか
詳細: →旧岡崎家能舞台を生かす会→小樽ジャーナル
リンク: →万作の会→能 狂言 ビラくばり

8/26 サイトウ・キネン・オーケストラ スクリーンコンサート

音楽の祭典 SKF松本 4会場で開催決定! 小澤征爾 指揮
サイトウ・キネン・オーケストラ スクリーンコンサート
会場: サッポロファクトリー アトリウム 観覧無料
詳細: →HTB→abn 長野朝日放送
リンク: →サイトウ・キネン・フェスティバル松本

8/26-8/28 ナチュラリズム 2011

音楽とアートを通じて広がるふれ合いの場
NATURALIZUM 2011
会場: ニセコビレッジ スキーセンター 前売¥3000
※ 中学生以下無料、パーキング・テントサイト無料
詳細: →GROOOVE CROSS MEDIA

8/26-9/10 ギャラリー門馬 「shift」 展

京都の伝統や文化に触れ、得たものを作品へとshiftする。そこには出会いと選択、そこから派生するインスピレーションがある。もともと形作られたものをそれぞれのフィルターを通してみることで、ものは作品となる。それらは今、普段の制作とは違った切り口を得て、ここに存在する。» More