きょうのイベント | 今月の公演リスト
タグ: AND 39 件 の記事があります。  → 全てのタグを表示

2011.11.25

11/25-11/28 パインソー 「さいだいのしれん」

逃げ続けた果てに最大の試練… 立ち向かう?それともやっぱり逃げる?― x は終わった。x はもう死んだ。そんな言葉をよく耳にする。代入されるのは この国?人類?宇宙?時間?君?もしかして― 私は今から、それを証明しにいかなければならないのです。2011年 試練の旅、衝撃の最終章。» More

2011.11.11

11/11-11/15 AND 解散公演 「ばらひまわり」

僕と君は、二人で暮らしたね、ひとつの部屋で、どっちかが飽きるまで。 ふたりで協力して、僕の履歴書を書いた時が最高だったよ、最高にハッピー、花が枯れたのは、君が忘れたからだ、僕を。 ひとのこころの旅の果て、叶えられていく優しさ。 これで AND、解散公演。» More

2011.09.30

9/30-10/4 札幌ハムプロジェクト 「メガトンキッス」

ナマイキ公演― それはハムプロジェクト若手メンバーがこれから重ねていくナマイキな公演である。第1回目の演目は、1998年9月 劇団SKグループ旗揚げ公演に書き下ろされた「メガトンキッス」。20代前半の若手たちが鼻息荒く、演劇シーンを塗り替えるべく挑むこの幕開けをお見逃しなく!» More

2011.09.24

9/24-9/25 風蝕異人街 「大山デブコの犯罪」

実験演劇集団 風蝕異人街 第50回記念公演!!
「大山デブコの犯罪」
The Crime of DEBUKO OHYAMA
会場: アトリエ阿呆船 (3stage) 前売¥1500
詳細: →風蝕異人街 » More

2011.09.03

9/3-9/4 インディペンデント: ジャパンツアー 札幌本選

11月に大阪で開催される“最強の一人芝居フェスティバル” 「INDEPENDENT」。毎年12組が様々な表現でしのぎを削るこのフェスが、珠玉の選抜作品群を引っさげ、ついに全国ツアーを敢行!大阪・東京のツワモノたちが贈るセレクション4作品に、地元予選突破の2作品が挑みます!» More

2011.08.09

8/9-8/20 柴田智之 表現展 「ともだちとかたち」

柴田智之 表現展 「ともだちとかたち」
会場: Café&Bar Radio&Records 入場無料
※ 8/20 芝居 亀柴八合目 「かたちとともだち」
作・演出・出演: 柴田智之、亀井健(AND) ¥2000
(1drink付)  詳細: →柴田山にのぼれ!→会場HP

2011.07.22

7/22-25 パインソー「かせつ×くつがえす試練=10^54」

世界のすべては、あなたが立てた仮説によって成り立っています。ですから、あなたに壊せないものなんてない。全部壊して逃げてしまいたい、打つ手なしのあなたにパインソーが贈る 「衝撃の実験」。脚本家がたくさん、しかしオムニバスではありません。そしてこの奇妙な式の解は― » More

2011.06.11

6/11 AND 「笑っていいのか! ~タモリの挑戦状~」

日本のタモリにささぐ、日本のお昼にささぐ、笑っていいのか!― あのお昼の長寿番組を忠実に再現、そして、タモリの名作をリメイク。新たな演劇の挑戦。
AND 「笑っていいのか! ~タモリの挑戦状~」
詳細: →AND_Dead_Web→会場HP » More

2011.05.07

5/7 インディペンデント: ジャパンツアー 札幌予選会

11月に大阪で開催される“最強の一人芝居フェスティバル” 「INDEPENDENT」 が、ついに全国ツアーを敢行!9月の札幌本選にてセレクション4作品を迎え撃つ、地元予選突破の2作品を選出します。“演劇”という概念にとらわれない、「一人が舞台に立つ」 力強い作品を期待します!» More

2011.01.23

1/23-1/24 LONELY ACTOR PROJECT VOL.13

LAP は一人芝居のお祭りである。回を重ねるごとに確信していることがあって、それは一人芝居が演劇の特別なスタイルではなくなり、今以上に注目され見直されるときがくるということだ。時代を先取りするかのようなロンリーアクター
― 劇団と劇場、厳しく新しい時代の救世主である。» More

2010.12.05

12/5 札幌劇場祭大賞 公開審査会・表彰式

12月5日、今、一番おもしろい舞台が決まる。TGR最終日に 「札幌劇場祭大賞」 発表!! ― 大賞エントリー作品の中から、“今、一番おもしろい舞台” に贈られる芸術祭大賞を cube garden で発表!審査と表彰式の様子は一般の皆様にも公開します。ぜひ会場にお越しください!» More

2010.11.26

11/26-11/28 パインソー 「ワタシの好きなぼうりょく」

私たちは奇跡的な可能性でしか、拳銃で死ぬことはない。顔面を殴打され脳髄が飛び出るほど痛めつけられて、身体中が変色するほどに朽ちて死ぬことも。それでも、確実に殺されるのだ。日々、暴力によって。さあ今日も、存分に痛めつけてくださいな。それはワタシの好きな暴力。» More

2010.11.06

11/6-11/9 AND 「ファンク漂う」 札幌公演

その日はあまりに晴れた空で、彼は涙を流していた。僕は晴れた空に眼をそらしながら、彼の涙の雨に濡れていた。君の理想の永遠が壊れたのは、ただあまりに愛しすぎたからだろうか。 とある青年の恋と狂気の物語。 AND が贈る、東京・札幌の2都市公演。SAS2010参加作品。» More

2010.10.22

10/22-10/24 AND 「ファンク漂う」 東京公演

その日はあまりに晴れた空で、彼は涙を流していた。僕は晴れた空に眼をそらしながら、彼の涙の雨に濡れていた。君の理想の永遠が壊れたのは、ただあまりに愛しすぎたからだろうか。 とある青年の恋と狂気の物語。 AND が贈る、東京・札幌の2都市公演。» More

2010.10.19

10/19-10/24 札幌の人 「かっこいい宇宙人のぼく」

東京湾だった海の真ん中。地球人がいっぱいゴミを捨てるもんで、夢の島はどんどん増えていった。「いずれ夢の星と呼ばれるだろう」と誰かがラジオで言い、かあちゃんはそれを気に入った。「あんたは特別な子だよ。なんたって魔法が使えるからね」 この星に、ぼくは空箱から生まれた。» More

2010.08.27

8/27-8/31 苗穂聖ロイヤル歌劇団 6th 「夜明け前」

仕事柄、もしくは人柄的に、真夜中が俺の時間である。大事な事を決めるのも、大好きな人達と楽しく話すのも。夜中は企みの時間だ。朝になったら、朝になったら。世界が動き、企み屋は実行屋へと姿を変える。夜中は静かに、昼間は騒がしく。それが世界であると、誰かが言っていた。» More

2010.08.12

8/12-8/13 劇活くらぶ 「ラスト・オブ・ロスト」

郊外に出来る大型ショッピングセンター、寂れ行く駅前商店街。良く似た何処かの街に暮らす三人の若者の友情を軸に物語は進む。街の人々が日々の暮らしを依存する巨大企業と、内部告発をしようとする男の正義。その裏には大きな犠牲が伴う。告発の後に残るものは、果たして― » More

2010.08.10

8/10-8/11 ナルギレス #1 「ジョシノハナシ」

ガールミーツガールと ちょっとだけガールミーツボーイ 何かが起きるような起きないような 日常の延長線上 オウチは町中 トモダチたくさん 彼氏とラブラブ タクシーの運転手 作家のタマゴ ソシテ絵本― こんな5人+αの、たくましく生きてくジョシノハナシ。メス犬ハ尾ヲフラナイ のです。» More

2010.07.16

7/16-7/18 LZC 「嘘、偽り無く。何時 果てるとも無く。」

私は気がついた。これは悲劇なんだ。世界中にごくごくありふれた悲劇なんだ。私と私だけのあなたは、何も考えないで、思い出にしようとしたけど、でも、それこそ、悲劇にもならない笑えない喜劇なんだ― 進行しているのか 繰り返しているのか 誰も気づかない、家族のパズル。» More

2010.07.11

7/11-8/22 教文演劇フェスティバル 2010

毎年夏に札幌市教育文化会館がお贈りする演劇の祭典、通称 「演フェス」!演劇を見たことがない人でも十分に楽しめる 「短編演劇祭」 を中心に、充実の各種ワークショップ、注目の劇団の公演と勢ぞろい!今年も親しみやすい内容と料金で、皆様のお越しをお待ちしております!! » More

2010.06.27

6/27 AND 「藤田まことに捧ぐ はぐれ必殺純情派」

紙芝居にコント、ライブ等々盛りだくさん!
夏のANDは、お祭りだ! AND 演劇イベント
縁日公演 「藤田まことに捧ぐ はぐれ必殺純情派」

会場: 演劇専用小劇場 BLOCH (3stage) ¥1500
詳細: →AND_Dead_Web→会場HP

2010.06.25

6/25,29 7/3 劇団怪獣無法地帯 「ウイスキー・ボンボン」

川柳部のライバル、鮫肌高校とベアトリス女学院。険悪な仲の男女たちがいがみあいながらも、いつしかお互いを意識してしまった!? ― ご存じシェイクスピアの名作 「から騒ぎ」 を下敷きに、高校生たちのドタバタ恋愛劇を笑いとアクションを交えて、おおらかに描きます!ZOO10参加作品!! » More

2010.06.05

6/5-6/6 詩劇 「鬼火 ~龍馬は死なず II~」

龍馬 人とは何ぞや 荒瀬に寄せては砕ける波の宿命か 形 定まらず 嵩 測られず 汀の機 波の姿を 織りては ほどき 水平線は 美しい無か 水は永劫の遊びか 死の戯れか いざ いざ いざ 海鳥の羽 櫂うって 光降り注ぐ 空の極みに 帰らばや ― 鬼火と化す龍馬、悲恋と「魂」の物語» More

2010.04.24

4/24-4/25 アンド オムニバス公演 「チェチェゲバゲバ」

アンドの5人が作・演出に挑む!2日間限りのオムニバス!
AND オムニバス公演 「チェチェゲバゲバ」
AND 2days omnibus che che Gueva Gueva
会場: OYOYO (3stage) ¥2000(1food付)
詳細: →AND_Dead_Web  » More

2010.04.01

札幌演劇ライブ専門フリーペーパー PONY

PONYでは真剣に演劇ライブを紹介していきたいと思っています。劇評の希望は招待券を2枚頂ければ、名前明記で責任をもって劇評!その他持込企画も歓迎。ぜひ編集部までご連絡ください。一緒に紙面を創るメンバーも募集中!
監修・発行: AND  詳細: →AND_Dead_Web

2010.03.19

3/19-3/21 劇団イナダ組 HARU企画 vol.4 「放置」

イナダ組は2010年も 「HARU企画」 でスタートします!芝居・コント・漫才などをオムニバス形式でお届け。今年はさらにパワーアップ!バカバカしさ全開!! お楽しみに!
 
劇団イナダ組 HARU企画 vol.4 「放置」  » More

2010.03.18

はこうまニュース vol.9 (ミニ版)

hakouma_news_01

AND がフリーペーパー連動企画で観劇初心者を募集中
大通駅の新通路 観光文化情報ST付近がプチ名所化
芸団協が東京開催のセミナーを5都市に中継 札幌は無料
事例: 折込を廃止した世田谷シルクの取り組み (MU)
更新: ツイッターをBBS化。#hakoumaで参加可能です

2010.02.26

2/26-2/28 劇団怪獣無法地帯 「想フハ君ノ事バカリ」

1944年7月31日、コルシカ島から旅立ったその飛行機はついに帰らなかった。パイロットの名は、サン=テグジュペリ。マルセイユ沖で操業するトロール船が、50年の時を隔てて発見した彼の銀のブレスレッドには、妻の名前が刻まれていた。コンスエロ ―星の王子様の、大切なバラ。» More

2010.02.20

2/20-2/21 座・れら 「ポストマンたちの長い夜」

postman

2005年、クリスマスイヴ。「郵政民営化」が、たったひとつの争点だった総選挙から三か月― 静かなアパートの一室に同僚たちが訪れる。スケジュールにのった民営化の不安は、聖夜の喧騒にも陰をおとす。届けられるものと、届けられないもの。ポストマンたちの長い夜がはじまる―» More

2010.02.19

2/19 詩劇 「鬼火 ~龍馬は死なず II~」 オーディション

近江屋でテロの兇刃に倒れた龍馬が、鬼火と化して明治維新以後の日本のあゆみを追うというドラマ、或いは蝶となりこの世のお龍の襟元で舞う、という引き裂かれた妻と夫の悲話。2008年の「妖火」に続く第2作は、失われてはじめて判る龍馬の存在の大きさを追及してみました。» More

2009.12.23

12/23 LONELY ACTOR PROJECT VOL.11

lap_11

わかっています。でも、ボク大丈夫。ひとりでも平気です。だってこれは、一人芝居のお祭りなんですから。― BLOCHが贈る、ロンリー・アクター・プロジェクトの第11弾!1度に3本のストーリーを楽しめるオトクな企画です。3役者3様なひとり芝居ワールドをどうぞご堪能下さい。» More

2009.12.15

12/15-12/20 札幌の人 旗揚げ公演 「カラクリヌード」

sapporono_hito2

09年5月、新宿にて演劇カンパニー“東京の人”を旗揚げしました。東京の役者109人と出会って演劇を模索し、札幌にノウハウや繋がりを持ち帰るのが目的です。そして連動する“札幌の人”。2つの都市で人と出会い、話し、創り、探すということ。何年かかけ達成していきたいと思います。» More

2009.12.02

12/2-12/6 AND 演劇公演 「君とバキューム」

vacuum_with_you

どんな未来を望んでただろ― 真夏、皆既日食の日に私は、優しい君を誘惑した。友達はいまいちな日食を残念がり、美女に脅迫の手紙を書いていた。私の左眼に見えている化物が恐くて、眠れなくて、だから私の家族でいて下さい。― とあるアパートの一室に、集められたのは他人達。» More

2009.10.16

10/16-10/18 苗穂聖ロイヤル歌劇団 5th 「メロス」

melos_2

疾走る疾走る。男は疾走る。物語に乗って、音楽に乗って。女は疾走る。全てのものを背負い込んで― 2年ぶりに贈る今作は、演劇ではない人生の秘密。大事でもなく何事でもなく、君に囁く誘い水。誰もが知ってる、全力の後の幸福感 ―行き先なんてない。 ただここに居るために。» More

2009.10.03

10/3-10/4 山田マサル作・演出 「観念してくらさい」

kannen_2

腹は減っていて、コンビニには食べたいものがない。ある人は突然殴られ、人を縛るのが仕事で、あるいは教師だ。または酷い目に遭っている。他人にはわからず、わからないから成り立っている。そんな日常を切り取ってコラージュして、油をつけて火をつけて― その火で暖をとるような。» More