きょうのイベント | 今月の公演リスト
タグ: ライトマン 38 件 の記事があります。  → 全てのタグを表示

2012.11.20

11/20-22 TGR 劇団怪獣無法地帯 「レディー・ブルース」

ちょっぴりガサツなOL 蜜子は、目覚めるとオッサンになっていた!男の生理に戸惑う蜜子… 昨日までは女が面倒臭かったハズなのに!そんなときに限ってやって来るのは妹に同僚、謎の女!アタシが一体、何をしたっていうの!? この秋に贈る、ハートフル・メタモルフォーゼ・コメディ! » More

2012.11.10

11/10-11/12 TGR 星くずロンリネス 「極道のイドラ」

港区。一軒のキャバクラ。二代目となる男は命を狙われていた。一方、クイズ番組では回答者が一人に。別の部屋では女が彼氏に内緒で大好きなDVDを見ている― 様々な思い込みが交錯し「極道のイドラ」は生まれ、3つの場所で大抗争を繰り広げる。だって、人生は思い込みの連続なのだから。» More

2012.11.02

11/2-11/4 TGR リリカル・バレット 「NO.721」

そこには、誰もいなかった。ここは何度目の世界なのだろうか。ピエロも人喰いも殺人犯も、今はもうどこにもいない。ふと、傍に居た少年が語りかけてくる。「男にはね、泣いてもいい時が三つあるんだ」― 人気演劇ユニット、時速246億の上演作品を大胆にアレンジ!挑戦の 6th SHOT!» More

2012.08.18

8/18 教文短編演劇祭 TBGS. 「愛のテーマ」

会話はなく、無言の時間が流れる二人。でも、彼らは自問自答を繰り返している。別れを切り出した男と、切り出された女。無言で自分の意識の中で繰り返される会話の数々を双方の角度から描き、新しい自分を得ようとする無言劇。そして、それに伴う会話劇。 TBGS が贈る、愛のテーマ。» More

2012.07.27

7/27-7/29 演劇公社ライトマン 第10回公演 「決断の拠所」

太宰治、安部公房と日本の文学・戯曲を題材に劇作に挑戦してきたライトマンが、決戦に選んだ題材はロシアの偉大な劇作家チェーホフ。四大戯曲の一つ「三人姉妹」をモチーフに、日本的大衆演劇、不条理劇の要素を織り込み書き下ろした最新作。現代における「自由」の在り方を問う。» More

2012.06.07

6/7 キムラボカンシリーズ ダンスセレクション

お馬鹿の本気。劇団平成商品の不思議なダンス振付、再び!
キムラボカンシリーズ ~ダンスセレクション~
脚本・演出: きむらゆうか(劇団平成商品
会場: 演劇専用小劇場 BLOCH (2stage) 前売¥1000
詳細: →会場HP→CoRich→@heisei_syohin » More

2012.05.27

5/27-5/28 シェイプシフター 02 「;エスカレート;」

「春と夏の間、コントと演劇の間」― 川尻恵太と1週間で舞台をつくる企画 第2弾!今回、出演者たちに変化してもらうのは、コントアクター。31歳独身男性と少しの間、笑いについて勉強する。遊びなのか真面目なのか、それとも何も考えてないのか、確かめられるのはご来場の皆様のみです。» More

2012.02.25

2/25-2/26 SSC2012 ドライバナナン 「僕らのレコード」

「―というやつなんだけど」 40秒前に ピー と音をたて停止したそれに僕がやっと吐いた言葉は空気中に霧散した。なあ どうしようか?ってうまく言えないのは…その台詞を言うのはいつもそいつだったから。突如届けられたボイスレコーダー、沈黙の2人。ボーイズだった君達に贈る、劇!» More

2012.02.10

2/10-2/12 演劇公社ライトマン 第9回公演 「新しい友達」

演劇フェスへの参加が多かった演劇公社ライトマンが、遂に単独劇場公演!代表重堂元樹、1年8ヶ月ぶりの書き下ろし新作長編!豪華ゲストを迎えての本作は、場末の天体観測所を舞台にした近未来SF系会話劇!至近距離で繰り広げられる、偏執的に至極真っ当なやりとりをご堪能下さい!» More

2011.11.25

11/25-11/28 パインソー 「さいだいのしれん」

逃げ続けた果てに最大の試練… 立ち向かう?それともやっぱり逃げる?― x は終わった。x はもう死んだ。そんな言葉をよく耳にする。代入されるのは この国?人類?宇宙?時間?君?もしかして― 私は今から、それを証明しにいかなければならないのです。2011年 試練の旅、衝撃の最終章。» More

2011.11.20

11/20 ナランチャ 第1回単独ライブ 「いにっつぃお」

熊谷リョウ&中島マコト の二人組コントユニット「ナランチャ」による初の単独コントライブ!過去に披露してきた厳選のネタはもちろん、新ネタや映像ネタ、普段なら絶対にやらないであろうネタまで、最新の「ナランチャ」が詰まった内容になっております!アートステージ参加作品!! » More

2011.11.11

演劇公社ライトマン メンバー募集

僕たちと一緒に演劇をやりませんか。
演劇公社ライトマン メンバー(俳優・制作)募集中!
俳優志望・裏方志望とも週1~2回程度参加できる方 ほか
参加費: ¥2000/月(テキスト・稽古場代)
※次回公演 2012年1月予定 詳細: →演劇公社ライトマン

2011.09.29

9/29-10/2 ナルギレス アトリエ公演 「来来来来来」

旦那、失踪。姑、野鳥狂い。小姑、いじわる。新妻、蓉子。耐えて、悩んで、開き直って、むき出しのままぶつかりあう女たちのお話― nargiless 初の既成脚本。演劇に惹かれた原点に回帰して挑むのは、本谷有希子「来来来来来」。あけぼのアート&コミュニティーセンターにて上演!! » More

2011.08.19

8/19 BLOCH×ムラヤマキ 「y -kowai-」

真夏のホラー(おばけ) おーるないとイベント
やぐらをくんで劇場で盆踊り大会!!!
BLOCH×ムラヤマキ 「y -kowai-」
会場: BLOCH 一般¥1500(1drink付) ほか
詳細: →テアトロリストランテ→会場HP » More

2011.07.03

7/3,7/10 ZOO11 ドライバナナン 「枕のしたのしたの」

重堂元樹が事故で記憶を飛ばされ、彦素君は危険な思想と企みを抱えてきた。僕は降りる、と言った。あなたがこれを読む頃、僕らは殴り合いの二度三度はしているだろう。劇場に来て欲しい。アイツらちゃんと三人かなあ?なんて思いながら。演技にうるさい男達の、ハードコア三人芝居。» More

2011.05.21

5/21-5/22 実験演劇集団 風蝕異人街 「ザ・ダイバー」

放火殺人犯、山中ユミは本当に多重人格なのか― その女を分析する精神科医は問題の原因をさぐるため、彼女の心の奥底にまで潜るダイバーと化す。「志度湾の海女」の伝説を劇中劇として展開される、現代の物語。 これは2010年、最もおもしろく、最もすぐれた演劇のひとつである。» More

2011.05.13

5/13-5/14 演劇ユニット ブレブレイン 「ザ・シェルター」

妻と娘、父親と共に、センタは民間人向けシェルターのモニタリングに参加する。思いがけず巻き起こるトラブルと、やがて変わりゆく家族の形― ブレブレインで初めてとなる既成作品への挑戦です。劇団を成長させるために立ち向かったこの作品を、沢山の方に観て頂けたら幸いです。» More

2011.03.10

3/10-12 星くずロンリネス 「ファーストフードコネクション」

ねえ、コレは一体、誰のせい?― 散らかった部屋。必要ないものだらけの、床。目の前には、大好きなアレ…食べておけばよかったな。 僕は6つの「妄想」を重ねて、すべてを一つに繋ぐ。星くずロンリネスのお届けする、とってもジャンクなコメディたち。ファーストフードなオムニバス公演。» More

2011.03.05

3/5-3/6 演劇公社ライトマン 安部公房 「制服」

敗戦の年の2月。北朝鮮のとある港町。凍りついた石だらけの丘。側らにはちっぽけな小屋。異様なほど虚ろに荒れ果てた風景の中、巡査の制服を着た男が独り、道端の石に腰をおろしていた。男は呟く。「おれは死んじまった…」― 安部公房の初めての戯曲にライトマンが挑みます!» More

2011.02.05

2/5-6 札幌短編演劇祭 2011 サッポロ・ショー・ケース

2010年8月21日、教文短編演劇祭 予選第2日― TBGS の作品 「117」 は惜しくも予選敗退となるものの、その独特の演劇手法が絶賛を浴びて話題となった。yhs の南参氏を中心に再演への気運は高まり、そして2011年2月― 団結は、自らの手で作り上げる演劇祭へと結晶する。» More

2011.01.21

1/21-1/23 ブレブレイン 「真夏の夜の夢に魅せられて」

「恋は一時の気の迷い。それはまるで夢のようだ」― 生徒会の手伝いをしていた杏が、ある日偶然手に入れてしまった物。それはなんと…惚れ薬!? 大会の準備の真っ最中、人々を巻き込む欲望と混乱の渦。薬をめぐって事件は起きる!弦巻楽団が贈る若手プロデュース 第1弾!! » More

2011.01.13

1/13-1/16 劇団回帰線 「国語事件殺人辞典」

今年、惜しまれつつ逝った井上ひさしの作品を上演。手に汗握るエスプリ!血も凍るユーモア!息を呑むダジャレ!戦慄の抱腹絶倒弱肉強食人文系純情派学術的コメディ。「言葉」を武器に手に余る世界を掘り進む職人、井上ひさしの名作をとくとご覧あれ。あー、胸がよじれ、腹がおどる!» More

2010.12.18

12/18-12/19 演劇公社ライトマン 第8回公演 「制服」

敗戦の年の2月。北朝鮮のとある港町。凍りついた石だらけの丘。側らにはちっぽけな小屋。異様なほど虚ろに荒れ果てた風景の中、巡査の制服を着た男が独り、道端の石に腰をおろしていた。男は呟く。「おれは死んじまった…」― 広がる空間と鋭い科白の応酬。観にきてほしい!! » More

2010.11.26

11/26-11/28 パインソー 「ワタシの好きなぼうりょく」

私たちは奇跡的な可能性でしか、拳銃で死ぬことはない。顔面を殴打され脳髄が飛び出るほど痛めつけられて、身体中が変色するほどに朽ちて死ぬことも。それでも、確実に殺されるのだ。日々、暴力によって。さあ今日も、存分に痛めつけてくださいな。それはワタシの好きな暴力。» More

2010.10.03

10/3 劇団千年王國 「贋作者」 美唄公演

時は明治。江戸の文化は急速に廃れ、興隆を誇った狩野派も偉大な父の才能を受け継ぐ兄・清一郎が支えているに過ぎない。一方、遊郭の一室に篭り、ニセモノ師としての天賦の才を発揮する弟・鴈次郎。伝統を守る兄、それをせせら笑う弟の確執はやがて一つの悲劇を生む―。 » More

2010.09.23

9/23 劇団千年王國 「贋作者」 釧路公演

時は明治。江戸の文化は急速に廃れ、興隆を誇った狩野派も偉大な父の才能を受け継ぐ兄・清一郎が支えているに過ぎない。一方、遊郭の一室に篭り、ニセモノ師としての天賦の才を発揮する弟・鴈次郎。伝統を守る兄、それをせせら笑う弟の確執はやがて一つの悲劇を生む―。 » More

2010.08.21

8/21 短編演劇祭 演劇公社ライトマン 「家の庭」

バス停を境に隣り合った庭。キャッチボールをする男たちと草むしりをする男。他愛もない会話から発展するおかしなやり取り。演劇公社ライトマンの舞台は、徹底した日常性から生まれる非日常感をお届けします。それぞれの楽しみ方を見つけに、ぜひいらしてください。» More

2010.08.20

8/20-8/22 教文演劇フェスティバル2010 短編演劇祭

15分の短編作品で合計9チームが優勝を競う「短編演劇祭」。今年の優勝者には名古屋の短編演劇祭 「劇王VIII」への出場権が!! 勝者を決めるのは観客投票!札幌の実力派劇団に、釧路から平均年齢68歳のチームも参戦!観劇初心者にもおすすめ。年々注目を増す大会です!! » More

2010.07.11

7/11-8/22 教文演劇フェスティバル 2010

毎年夏に札幌市教育文化会館がお贈りする演劇の祭典、通称 「演フェス」!演劇を見たことがない人でも十分に楽しめる 「短編演劇祭」 を中心に、充実の各種ワークショップ、注目の劇団の公演と勢ぞろい!今年も親しみやすい内容と料金で、皆様のお越しをお待ちしております!! » More

2010.06.26

6/26 7/3,4 演劇公社ライトマン 「嵐の真ん中で」

小さな町は、1本の川を挟んで真っ二つに区切られていた。一方は構造改革特別区域に指定され、その恩恵で華やいでいる。一方は恩恵にも与れず、衰退の一途を辿るばかり。住民の感情のすれ違いは激しさを増す。祭りの前日。ここは、川の中州にある寂れたファミリーレストラン。» More

2010.06.25

6/25-7/4 シアターZOO演劇祭 「ZOO10」

小劇場で公演を続ける劇団同士が出会い、観客に何度も劇場に足を運んでもらおうと2007年に始まったシアターZOO演劇祭。共通の舞台セットや設定条件を基に、参加劇団がそれぞれのカラーを活かし物語を展開します。新たな観劇の楽しみを発見していただける、そんな演劇祭です。» More

2010.01.30

1/30-2/1 劇団千年王國記念ツアー 「贋作者」 (大阪)

gansakumon_osaka

時は明治。江戸の文化は急速に廃れ、興隆を誇った狩野派も偉大な父の才能を受け継ぐ兄・清一郎が支えているに過ぎない。一方、遊郭の一室に篭り、ニセモノ師としての天賦の才を発揮する弟・鴈次郎。伝統を守る兄、それをせせら笑う弟の確執はやがて一つの悲劇を生む―。 » More

2009.12.15

12/15-12/20 札幌の人 旗揚げ公演 「カラクリヌード」

sapporono_hito2

09年5月、新宿にて演劇カンパニー“東京の人”を旗揚げしました。東京の役者109人と出会って演劇を模索し、札幌にノウハウや繋がりを持ち帰るのが目的です。そして連動する“札幌の人”。2つの都市で人と出会い、話し、創り、探すということ。何年かかけ達成していきたいと思います。» More

2009.11.12

11/12-11/23 劇団千年王國 「贋作者」

tribute_sennen_2

時は明治。江戸の文化は急速に廃れ、興隆を誇った狩野派も偉大な父の才能を受け継ぐ兄・清一郎が支えているに過ぎない。一方、遊郭の一室に篭り、ニセモノ師としての天賦の才を発揮する弟・鴈次郎。伝統を守る兄、それをせせら笑う弟の確執はやがて一つの悲劇を生む―。 » More

2009.09.25

9/25-9/27 劇団怪獣無法地帯 「綺談百夜」

kidan_hyakuya_2

耳元で囁かれた。 『― ホントハ、ミエテイルンデショ 』
 
第一夜 「或る夜」、第二夜 「遺体」、第三夜 「紅い蛇」…秋の夜長が長くなる。怪獣無法地帯が贈る<こわい話>オムニバス三部作。 » More