きょうのイベント | 今月の公演リスト
タグ: 岩見沢えんかん 8 件 の記事があります。  → 全てのタグを表示

2013.02.24

2/24 岩見沢えんかん テアトル・エコー 「フレディ」

天才クラウン・フレディ率いるサーカス一座。かつての人気も今は昔で、客は減るばかり。あろうことか金策のために訪ねたパトロンが何者かに殺され、殺人犯の疑いをかけられてしまう。このピンチに起死回生の大博打に出る一座。行く先は、死刑台への階段か、成功への階段か、それとも… » More

2012.11.24

11/24 岩見沢えんかん 俳優座劇場 「十二人の怒れる男たち」

蒸し暑い日の午後。12人の陪審員たちは一人の少年の父親殺しという容疑に、有罪(=死刑)の宣告か、無罪の評決を提出するかの重大な決定を迫られる。予備投票…有罪11、無罪1。少年の容疑は動かしがたく思えていた。だが無罪票を投じた陪審員の発言から、男たちの討論は白熱していく― » More

2012.09.22

9/22 岩見沢えんかん 前進座 「あなまどい」

“足軽は往来で上士と出会えば平伏しなければならない” という藩の仕来りが枷となり、足軽・寺田金吾は、徒士頭である上遠野久作を切り捨て、脱藩。父・久作の仇討ちを決意した若き日の関蔵は嫁いで間もない女房・喜代を残し後を追う。それから34年、関蔵は懐かしい我が家に帰還する。» More

2012.06.28

6/28 岩見沢えんかん こまつ座 「闇に咲く花」

敗戦から2年。進駐軍の占領下で、今日を生き抜くために人々はヤミの売り買いに必死だった。ひとり息子を戦地に失った神主・牛木公麿も、近くに住む未亡人たちと寄り合い、闇米の調達に奔走している。そんなある夏の日。思いもかけず、死んだはずの健太郎が神社にひょっこりと帰還する― » More

2012.05.18

岩見沢演劇鑑賞会 会員募集のご案内

岩見沢演劇鑑賞会は、生の舞台を継続して観るために1976年に設立された演劇鑑賞団体です。会員の持ち寄る会費で運営され、会員になると月々の会費のみで定期的に演劇を観ることができます。安定した運営のため1年以上の継続をお願いしていますが、どの月からでもご入会いただけます。» More

2012.04.15

4/15 岩見沢えんかん 劇団1980 「落語芝居 芝浜」

馬鹿で依怙地でおっちょこちょい。口は悪いが情けにゃ弱い。毎度お馴染み落語の世界の住人たちを、見て観て楽しむ「落語芝居」。誰もが貧乏で辛抱が何よりの美徳だった時代に、貧しさすら楽しみながらのんびり生きた日本人。人気の古典落語四題を、豊かな演劇でお楽しみ頂きます。» More

2012.03.31

3/31 落西亭安楽志 「落語」 (岩見沢)

岩見沢演劇鑑賞会主催 東北応援プロジェクト 第4弾
落西亭安楽志 「落語」  第二部 詩吟
日本人の心に響く 和の協演
会場: 岩見沢演劇鑑賞会事務所 ¥500(一部寄付)
詳細: →いわみざわえんかん (→問合せ先)

2012.02.11

2/11 「ジャマコ、せかいをすくう。」 岩見沢公演

しゃべるラジオのブリちゃんと一緒に、今日もジャマコは自分の部屋から世界をすくう。最近角が生えてきたお姉ちゃんは「妹は無能なふりして怠けてるんだわ」と悪魔の博士の手術をうけさせようとする。外からやってきた、新しいともだちアミコ。それから、わたしが忘れたかったこと。» More