きょうのイベント | 今月の公演リスト
タグ: オニオン座 27 件 の記事があります。  → 全てのタグを表示

2013.03.22

3/22-3/24 オニオン座 「おおきなくるくるりの木の下で」

kurukururi

ご町内のみなさまぁ、毎度おなじみオニオン座でございます。古新聞、古雑誌、古ダヌキ、古ギツネはございませんか?いらなくなったうわさ話、忘れてしまいたい恋の話、しゃれにならない失敗談など ―多少にかかわらずお申しつけ下さい。みんなまとめて笑い飛ばしましょう!» More

2012.11.15

11/15-11/18 劇団アトリエ 「ドリーム・ダイバー」

流星群の衝突から3年― 無免許医のカザマのもとに一人の少女が運ばれてきた。助手のマリアは、昏睡を続ける彼女の夢の中へ深くダイブする。だが目覚めたのは、3年前に死んだ姉の魂であった。同じころ、天界では神 マーズの作戦が起動する― アトリエ 2012年の集大成となるファンタジー!! » More

2012.10.26

10/26-27 ヴァプラスプロジェクト 「バカサバイバル」

VaPlus Project(ヴァプラスプロジェクト)とは― 札幌ビジュアルアーツ パフォーマンス学科出身の在札俳優が集結!! 演劇なのかコメディーなのか。いや、そんな境界線などもはや関係なしに繰り広げられるくだらねーぜ!なことばっかのオムニバス!4本立て!! 2012年10月、V・P 初公演!! » More

2012.09.29

9/29-9/30 オニオン座のおしばいたまてばこ vol.3

またまた現れたオニオン座のたまてばこ。楽しいおはなしがぎっしりつまった、フシギなフシギなたまてばこ。笑い話や時代げき、はなの長いあいつも出てくるよ?! はこのなかみは開けてのお楽しみ。みんなでフタを開けてみよう! ※このたまてばこを開けても、おじいさんにはなりません。» More

2012.07.27

7/27-7/29 演劇公社ライトマン 第10回公演 「決断の拠所」

太宰治、安部公房と日本の文学・戯曲を題材に劇作に挑戦してきたライトマンが、決戦に選んだ題材はロシアの偉大な劇作家チェーホフ。四大戯曲の一つ「三人姉妹」をモチーフに、日本的大衆演劇、不条理劇の要素を織り込み書き下ろした最新作。現代における「自由」の在り方を問う。» More

2012.03.17

3/17,18,20 東区オニオン座 「おくるくるり」

あの子が石ころ蹴ったんだ。そしたら小石は転がって、草や落ち葉を巻き込んで、雪だるまみたいに転がって、君や仲間を巻きこんで、たっぷり太った石ころは、いよいよ勢いついちゃって、みんなくるくる転がって、げらげら笑い転がって くるくる、げらげら、ほらほらみんなやって来る。» More

2012.02.17

2/17-2/19 劇団亜魂 第5回公演 「それじゃバイバイ」

レッドベリースタジオ 第3回 二月祭 参加作品
劇団亜魂(アジアンハーツ) 第5回公演
「それじゃバイバイ」
  作・演出: 忠海勇
会場: レッドベリースタジオ (5stage) 前売¥1500
詳細: →3ペェ団札幌→会場HP » More

2011.12.02

12/2-12/4 劇団アトリエ 第3回公演 「もういちど」

ある一人の男が生まれ、産声あげて、遊び、楽しんで、恋い焦がれて、苦悩し、葛藤して、喜び、生きて、やがて死にゆく。そしてまた、産声をあげる。劇団アトリエ 第3回公演は、遊び心と共に、駆け抜けます。さっぽろアートステージ2011、札幌劇場祭 Theater Go Round 参加作品。» More

2011.11.03

11/3 東区市民劇団オニオン座 「おしばいたまてばこ vol.2」

秋の日― まよい込んだのは、チョーおもしろ世界!? あれあれ、どこかで聞いた昔ばなし、お笑いばなし、絵本からぬけ出た動物たち、ヒーローたちも飛び出すプロムナードへようこそ!うたあり、えんそうあり、おどりあり!? のにぎやか3本立ての手作りたまてばこ!! ぜひぜひみにきてね!» More

2011.09.29

9/29-10/2 大人の事情協議会 「ときめきたいぜ☆メモリアル」

大人の事情協議会が贈る 第4の事情 「ときめきたいぜ☆メモリアル」は、会場のお客様が選ぶ主人公の行動により、その回の結末が変化する “マルチエンディング芝居” となっております!後半のストーリーは全部で6種類!! 予測できない物語。あなたはどのエンディングの目撃者になる―!? » More

2011.08.23

開講8/23~ 東区市民劇団育成事業 劇団員募集

今年4年目を迎える東区市民劇団オニオン座が、新メンバーを募集します!劇団員と一緒に基礎トレーニングにはげみながら、オリジナルの児童劇づくりに参加。講師のアドバイスを受けつつ、やまびこ座での成果発表に向けて楽しく稽古が進みます!さあ、あなたもご一緒にチャレンジ!! » More

2011.07.01

7/1,3,9,10 ZOO11 劇団アトリエ 「緑に息吹 眼に鱗」

病室には入院中のOL。二人はそれぞれ違う会社で働いている。会社の同僚や恋人たち、とりとめのない会話と、滑稽なやりとり。ただそれだけの、それが日常。だけど、確かになにかが変わっていくのだった― 劇団アトリエ 第2回公演は、人々の生活を描写する脱力系口語喜劇!» More

2011.05.12

5/12-5/17 弦巻楽団 第14回公演 「スウィートソウル」

謎の女がやって来た!団地に! お菓子作りが盛んなミドリガメ市の団地に引っ越してきたのは、1人の女。謎めいた雰囲気が、そこに住む女たちの暮らしに波紋を投げかける。彼女が平穏な集合住宅に持ち込んだのは、希望か、あるいは惨劇か―!? 待望の新作、サスペンス・コメディ!! » More

2011.05.02

5/2 谷口健太郎WS vol.3 発表公演 「ありふれたはなし」

谷口健太郎ワークショップ vol.3 発表公演
「ありふれたはなし」

脚本・演出: 谷口健太郎
会場: 演劇専用小劇場 BLOCH (2stage) ¥1000
詳細: →谷口健太郎 blog→会場HP » More

2011.04.10

4/10 ツルマキ・アーケストラ!!! 2011 WS 発表公演

ある日、襲い掛かってきた大きな脅威― それは人類を死滅させる訳でもなく、かといって生存させる訳でもなく、多くの人間を別の存在に変えてしまった。後に「大苦難」と呼ばれるその日を生き延びた者たちも、今では数少ない。彼女は教師で、今日も生徒たちに授業をしている。そう― » More

2011.03.19

3/19-3/21 東区オニオン座 「ハロー・グッドバイ 」

ようこそ!旅館あずま屋へ。ほら、春の日ざしが気持ちいいじゃないですか。そう今は、希望の春!旅立ちの春、別れの春、戦いの… あれ?なにやら不穏な空気が… 思わぬ出会いが予期せぬ事態を巻き起こし、見知らぬ誰かが大立ち回り。くつろぎの宿が、まじろぎ一つできぬ大騒ぎ― » More

2011.02.05

2/5 劇団ラフスパイス 第2回公演 「鳴海探偵事務所」

その事件は、事務所の中で起こる― 乞うご期待!
劇団ラフスパイス 2nd act 「鳴海探偵事務所」
脚本・演出: 高橋真人
会場: 演劇専用小劇場 BLOCH (2stage) 前売¥1500
詳細: →劇団ラフスパイス→会場HP » More

2010.11.18

11/18-11/28 弦巻楽団 「音楽になってくれないか」

前作「EQUINOX」で「上質なコメディ」というこれまでの作風から新たな方向性を切り開き、高い評価を得た弦巻楽団。今作は、哀しみを昇華も受容も忘却もできない人間への、ただともに微笑み、踊り続けるためのBGM― そんな物語。になる予定。新体制で臨む劇団初のロングラン!! » More

2010.10.19

10/19-10/24 札幌の人 「かっこいい宇宙人のぼく」

東京湾だった海の真ん中。地球人がいっぱいゴミを捨てるもんで、夢の島はどんどん増えていった。「いずれ夢の星と呼ばれるだろう」と誰かがラジオで言い、かあちゃんはそれを気に入った。「あんたは特別な子だよ。なんたって魔法が使えるからね」 この星に、ぼくは空箱から生まれた。» More

2010.08.26

8/26-29 ツルマキ・アーケストラ!!! 第1回公演 「間奏曲」

フランスのとある田舎町。どうやら最近おかしなことばかり。なんでも男の幽霊が森に現れ人々を驚かせているらしい― 科学が全てを解き明かす少し前。超常現象に翻弄されながら、女教師を幽霊と奪い合う町の人々を通して、詩情豊かに生と死の対決を描く、ジロドゥの傑作コメディ!! » More

2010.08.21

8/21 ツルマキ・アーケストラ!!! 「間奏曲」 プレ公演

フランスのとある田舎町。どうやら最近おかしなことばかり。なんでも男の幽霊が森に現れ人々を驚かせているらしい― 科学が全てを解き明かす少し前。超常現象に翻弄されながら、女教師を幽霊と奪い合う町の人々を通して、詩情豊かに生と死の対決を描く、ジロドゥの傑作コメディ!! » More

2010.06.28

6/28 谷口健太郎WS 「本当はわかっているはずなのに」

谷口健太郎ワークショップ 緊急公演
「本当はわかっているはずなのに」
作・演出: 谷口健太郎(プラズマニア/リリカル・バレット
会場: 演劇専用小劇場 BLOCH (2stage) ¥1000
詳細: →谷口健太郎 blog→会場HP  » More

2010.06.26

6/26 7/3,4 演劇公社ライトマン 「嵐の真ん中で」

小さな町は、1本の川を挟んで真っ二つに区切られていた。一方は構造改革特別区域に指定され、その恩恵で華やいでいる。一方は恩恵にも与れず、衰退の一途を辿るばかり。住民の感情のすれ違いは激しさを増す。祭りの前日。ここは、川の中州にある寂れたファミリーレストラン。» More

2010.06.12

6/12-13 劇団ルート1 夏公演 児童劇 「ハッピーロード」

あるところに なんのとくしょくもない 「ゆうき」 というしょうねんがいました― 父に与えられた絵本の、最後の頁は空白だった。ふて寝をした未央が目覚めた世界は…絵本の中。娘が消えパニックになった父親は学校へ。親子は再会できるのか!? 「ハッピーロード」 とは一体何なのか!? » More

2010.05.02

5/2-5/5 こぐま座・やまびこ座 G.W.特別企画 2010

こぐま座・やまびこ座 ゴールデンウィーク特別企画!!
こぐま座 「こどもの日☆パペットフェスティバル」
やまびこ座 「バラ☆バラ☆バラエティーショー」
会場: こぐま座・やまびこ座 1日券¥500 ほか
詳細: →会場HP→札幌人形劇協議会  » More

2010.03.20

3/20-3/22 東区オニオン座 「ヒア・カムズ・ザ・サン」

道ばたの砂利をひろい 日に照らせばきらきらと輝いて この手で見つけたものだけが宝物 蟻の歩みを見下ろして 空の高さとの背の丈くらべ この手に入らぬものだけが輝いてみえる うららうららの春の日は なにもかもが新しく なにもかもが懐かしく ― 東区市民劇団、心温まる第2作。» More

2009.06.18

6/18,20,21 演劇公社ライトマン 「遠い嵐はやがて。」

lightman

10年間新作のない小説家が篭る為に買い取った、とある旅館の離れ。今では本業そっちのけで、泊り客を勝手にもてなすことに喜びを感じている。客の男女も望まぬもてなしに戸惑いを隠せない。数年ぶりとなる両親との再会の場所をこの旅館にしたのは、間違いだったかもしれない…» More