きょうのイベント | 今月の公演リスト
タグ: 小樽 94 件 の記事があります。  → 全てのタグを表示

2014.11.14

11/14-16 第64回 高文連 全道高等学校演劇発表大会 (小樽)

otaru_shimin_kaikan_hall

北海道 高校演劇 全道大会
第64回 高文連 全道高等学校演劇発表大会 (小樽大会)
会場: 小樽市民会館 大ホール 入場無料
詳細: →CoRich→じゃんの部屋 (→掲示板)
リンク: →高校演劇 大会結果 速報ブログ » More

2014.10.07

10/7-8 第64回 高文連後志支部 演劇発表大会 (小樽)

otaru_shimin_kaikan

北海道 高校演劇 地区大会
第64回 高文連 後志支部 演劇発表大会
会場: 小樽市民会館 大ホール 入場無料
詳細: →どうしんweb→会場HP→ASA小樽ch
リンク: →高校演劇 大会結果 速報ブログ » More

2012.12.08

12/8-12/9 劇団うみねこ 「二十五年目の夏」

2012 劇団うみねこ 本公演 「二十五年目の夏」
~朗読と共に~ 「夏の雲は忘れない」 より
会場: 小樽運河プラザ 3番庫ギャラリー
詳細: →いまさら、好きです小樽!→小樽ジャーナル
リンク: →小樽市:劇団うみねこ » More

2012.11.30

11/30-12/1 商大演劇戦線 「うわさのタカシ」「就活戦線」

タカシと同学年でおとなしい女、シズカ。歳上でサバサバした女性、エミリ。歳下で明るく家庭的な少女、サトコ。性格も年齢も違う三人には、ひとつだけ共通点がある。それは、「タカシが好きだ」ということ。タカシ不在の部屋で繰り広げられる口論― タカシは、誰が本当に好きなのか。» More

2012.09.22

9/22-23 第62回 高文連後志支部 演劇発表大会 (小樽)

第62回 高文連 後志支部 演劇発表大会
出場校: 小樽商業、倶知安、小樽水産、小樽潮陵、岩内、小樽明峰、余市紅志、小樽桜陽
会場: 小樽市民センター マリンホール 入場無料
詳細: →小樽潮陵高校→どうしんweb » More

2012.09.20

9/20-10/31 海流座 「二十二夜待ち」「父歸る」 北海道巡演

海流は世界をめぐる。人間が地球上にいかなる線を引こうとも― いい芝居は観る人・創る人の、生きる喜び、哀しみ、怒り、楽しみが、それぞれの人生が、それぞれの心の中に燃える― これが現実で生きる力となる。そんな舞台をもって旅に出ます。お目にかかれる日を心より願っております。» More

2012.09.18

9/18 小樽明峰高校演劇部 「小教室・逆転現象」 プレ公演

第62回 高文連後志支部演劇発表大会 参加作品 プレ公演
小樽明峰高等学校演劇部
「学校シリーズ19 小教室・逆転現象 ~9と25」

脚本: 吉川勝彦 潤色: 小樽明峰高校演劇部
会場: 小樽明峰高校 体育館  詳細: →小樽ジャーナル

2012.09.01

9/1 おたる市民能 半能 「橋弁慶」,狂言 「仁王」

能を楽しもうプロジェクト 2012 小樽能楽文化復興継承プロジェクト おたる市民能 半能 「橋弁慶」 狂言 「仁王」
~市民のための市民による、手づくり能楽公演~
会場: 旧岡崎家能舞台・小樽市公会堂 前売¥2000 ほか
詳細: →旧岡崎家能舞台を生かす会→CoRich » More

2012.08.31

8/31 9/2-10 札幌座 「亀、もしくは…。」 北海道ツアー

とある精神療養サナトリウムに、一人の医学生が見学実習に訪れる。医師、看護士、そして、自分のことを「亀」だと思っている患者…。いったい誰が患者で誰が正常なのか…、誰が観客で誰が演じている者なのか…。舞台と客席の境界線は波のように押し寄せ、あっという間に引いて行く。» More

2012.07.24

7/24 小樽桜陽・潮陵高校演劇部 合同公演 「ハーモニー」

東日本大震災のチャリティーとなる合同公演。桜陽高校演劇部顧問の菊地教諭が十数年前に書いた本作は、青年と老女の恋物語を通し、命をつないでいくことの尊さを訴えた作品です。坂本九さんの「上を向いて歩こう」のメロディーにのせ 生徒30人が被災地復興の願いを込めて演じます。 » More

2012.07.04

7/4 小樽商大 演劇戦線 「レストラン ラ・ソリュート」

来店したお客様の悩みを解決してしまうことで有名な 「レストラン・ラ・ソリュート」― 本日のお悩みは、「今付き合っている彼女と別れたい」!? そんな珍しい悩みをウェイターはどう解決するのか?小樽商科大学演劇戦線、2012夏公演。笑い、マツコ、お茶目、ビンタありのコメディです!» More

2012.05.13

5/13 「ジャマコ、せかいをすくう。」 小樽公演

しゃべるラジオのブリちゃんと一緒に、今日もジャマコは自分の部屋から世界をすくう。最近角が生えてきたお姉ちゃんは「妹は無能なふりして怠けてるんだわ」と悪魔の博士の手術をうけさせようとする。外からやってきた、新しいともだちアミコ。それから、わたしが忘れたかったこと。» More

2012.04.06

4/6-4/12 演劇戦線 春の公開練習 「演劇は〇〇だ!」

公開練習に来て、友達を増やそう!
小樽商科大学 演劇サークル / 新歓オリエンテーション
演劇戦線 春の公開練習 ~演劇は〇〇だ!~
会場: 小樽商科大学 3号館2F 272教室 学内公演・入場無料
※4/12 のみ 307教室  詳細: →演劇戦線の日常

2012.03.28

3/28-4/1 第11回 サッポロ未来展 (小樽)

第11回 サッポロ未来展 小樽開催
11th Exhibition Sapporo Mirai
会場: 市立小樽美術館 入場無料
詳細: →サッポロ未来展→@miraiten→会場HP
リンク: →3/19-3/24 第11回 サッポロ未来展 (札幌)

2012.03.20

3/20-3/27 田中良直 写真展 (小樽)

田代島 にゃんこ・ザ・プロジェクト」 支援中
田中良直 写真展 震災前・震災後を通して田代島の猫たちを見つめ続けるフォトグラファーの深いまなざしとメッセージ
会場: 小樽 あとりゑ・クレール  入場無料
詳細: →Cats in Town→野郎猫集団 千太組→ゆきだま

2012.01.29

1/29 小樽商大 演劇戦線 冬公演 「ウェルカム・ホーム!」

映子は、恋人の安志を家族に紹介しようと家に招くが、その家族は少し変わっていた。それは、家族の中に日本人は映子だけだから。父や母、兄もいとこもみんなばらばらの外国人たちだったのだ― 家族とは何かをつきつめた、笑いあり、涙あり、たまに寿司ありの長編ハートフルドラマ!! » More

2011.12.20

12/20-23 テニスコーツ 恒例の年末札幌と初小樽の4DAYS

12/20 テニスコーツ+大友良英 @札幌時計台ホール
12/21 テニスコーツ・大友良英・高橋幾郎 @シアターZOO
12/22 さや、植野のマジキック試聴 @weird-meddle record
12/23 テニスコーツ+高橋幾郎 @小樽・小樽文学館
詳細: →ウィアード・メドル レコード

2011.12.17

12/17 南佳孝 ディナーショー

小樽ロングクリスマス 2011 コンサート
南佳孝 ディナーショー

会場: 小樽・GOLDSTONE ディナー付¥10000 ほか
詳細: →会場HP→南佳孝 Official Homepage

2011.11.15

11/15 ザ・ニュースペーパー 小樽公演

笑いで世相を斬る!社会風刺コント集団!
THE NEWSPAPER 小樽公演
会場: 小樽市民センター マリンホール 前売¥4000
詳細: →小樽ジャーナル (→フライヤー)
リンク: →THE NEWSPAPER official site

2011.11.14

11/14-11/20 ザ・ニュースペーパー 北海道公演

笑いで世相を斬る!社会風刺コント集団!
THE NEWSPAPER 北海道公演
会場: 11/19,20 道新ホール(前売¥4500) ほか
詳細: →THE NEWSPAPER official site
リンク: →トラスト企画→小樽公演フライヤー » More

2011.11.02

11/2-11/18 5D 安田顕 「港町13番勝負」 全国ツアー

papyrus連載 「北海道室蘭市本町一丁目四十六番地」 をもとに一人語りに挑戦!父が暮らした長屋の住所 「港町13番地」 より港町13箇所での開催。札幌・大阪・東京の番外公演も決定!! 安田ワールド炸裂の必見企画!その土地ごとの特別な体験と濃密な時間をご堪能ください。 » More

2011.09.25

9/25-10/22 ハルカヤマ藝術要塞 2011

山を遊ぶ、アートで遊ぶ― 石狩湾を眺望する小樽市の春香山の麓に、既成の枠にとらわれない彫刻、立体造形、インスタレーションなど自由な表現を展開。多様な感性をもつアーティストの参画で新しい息吹を吹き込み、ハルカヤマを北海道のアートの拠点=『藝術要塞』に変容させる。» More

2011.09.23

9/23~ 映画 ギンギラ太陽’s 「ボーン・トゥ・ラン」

人間は一切登場せず、役者がデパートや駅などの被り物を着け、その“物”に込められた想いを演じるという一風変わった劇団 “ギンギラ太陽’s” の新作をスクリーンで上映!引退・廃車の宣告を受けた初代0系新幹線の想いを、太陽の塔や最後の国産飛行機 YS-11、東北新幹線の姿を交え綴ります。» More

2011.09.22

9/22 ひとり芝居 河東けい 「母」 小樽公演

昭和八年、言論・思想の弾圧の嵐がプロレタリア文学運動に向けられ、作家小林多喜二はその犠牲となった。「ほれっ!多喜二!もう一度立って見せねか!」と息子に頬すり寄せて叫んだ、母。明治の初めに東北に生まれ、多喜二を心から信じて温かく見守りつづけた、母、小林セキの一生。» More

2011.09.06

9/6-9/13 愚安亭遊佐 ひとり芝居 「こころに海を持つ男」

下北半島の六ヶ所村は漁業が盛んで、雪の多い冬場は出稼ぎに出なければならないが、皆仲睦まじく平和な所だった。そこに、むつ小川原巨大開発、全村移転、漁業権放棄と時代の波が押し寄せる。波にのまれ捨てられて首を吊った男― だが彼には海の男の誇りと、心から愛おしむ妻があった。» More

2011.09.02

9/2-9/8 前進座 「夢千代日記」 北海道ツアー

もう少し生きてみようと思います いいでしょう お母さん― 山陰の山あい、余部鉄橋を越えたあたりの、忘れられたような町・湯の里温泉。ある日、置屋「はる家」に迷い込んで来た見知らぬ男。その過去とは― 小さな置屋の女将 夢千代と、心を寄せ合って生きる女たちが織り成す人間模様。» More

2011.08.30

8/30-11/28 「ガラスに宿る 命と愛のかたち 展」

特別企画展 ガラスに宿る 命と愛のかたち 展
Great Masters’ Glass Figures ”Love and Life”

会場: 北一ヴェネツィア美術館 一般¥700 ほか
詳細: →会場HP→おたる観光情報ブログ

2011.08.29

8/29-9/11 第12回 2011 小樽・鉄路・写真展

小樽の空の下に放たれた 一枚の写真との出会い
短い夏が終わる頃、ここからはじまる、ここからつながる。
野外写真展 2011 12th 小樽・鉄路・写真展
会場: 小樽・色内2丁目 旧手宮線跡地 観覧無料
詳細: →小樽・鉄路・写真展→@tetsuroten

2011.08.27

8/27 おたる市民能 狂言 「茸」, 半能 「高砂」

能楽入門を加えた、初めての人向け 能楽公演!
おたる市民能 狂言 「茸(くさびら)」 半能 「高砂」

会場: 旧岡崎家能舞台・小樽市公会堂 前売¥2000 ほか
詳細: →旧岡崎家能舞台を生かす会→能 狂言 ビラくばり

2011.08.26

8/26 おたる狂言堂 野村万作 小樽狂言会

人間国宝・野村万作 小樽初公演!
おたる狂言堂 野村万作 小樽狂言会
会場: 旧岡崎家能舞台・小樽市公会堂 前売¥7000 ほか
詳細: →旧岡崎家能舞台を生かす会→小樽ジャーナル
リンク: →万作の会→能 狂言 ビラくばり

2011.07.20

7/20 小樽商大 演劇戦線 夏公演 「お縄を頂戴」

2011年 小樽商科大学 演劇サークル
演劇戦線 夏公演 「お縄を頂戴」
作: 坂上あゆか 演出: 西嶋一輝
会場: 小樽商科大学 学生会館 多目的ホール 入場無料
詳細: →演劇戦線の日常

2011.06.24

6/24-6/26 久住昌之 プロジェクターQ&コンサート

久住昌之 プロジェクターQ & コンサート
抱腹絶倒、面白映像トークショウ「プロジェクターQ」+スペシャルコンサート
会場: [6/24,25]キコキコ商店 前売¥3500
[6/26]小樽文学館 前売¥2500  詳細: →栗木健WEB

2011.06.10

6/10,11 白坂道子 短編小説朗読会 「飛鳥山」「歳月」

第13回 白坂道子 短編小説朗読会
藤沢周平 作 「飛鳥山」 「歳月」
会場: [6/10](14:00/18:30) 渡辺淳一文学館 [6/11](14:30) あとりゑ・クレール / (18:30) 小樽文学館
料金: 前売¥2800  詳細: →観光文化情報ST

2011.06.09

6/9-6/19 TPS+劇団青羽 「蟹と彼女と隣の日本人」

何がそんなに 悲しくて 路面電車が むせびなく― 忘れられない インチョン波止場で 私のハモニカ吹いてくれた あの人 あの人 あの人の唇 ― 「蟹と無言歌」で TGR 札幌劇場祭2009 特別賞(演出賞)を受賞した斎藤歩とキム・カンボのコンビが再び!韓国と北海道での新作上演!» More

2011.04.18

4/18-8/29 「ヴェネツィアガラスの美しき生き物 展」

特別企画展 ヴェネツィアガラスの美しき生き物 展
-巨匠達が愛した、生命の躍動-
Special exhibition “Beauty of Life”
会場: 北一ヴェネツィア美術館 一般¥700 ほか
詳細: →会場HP→おたる観光情報ブログ