きょうのイベント | 今月の公演リスト
タグ: TPS 46 件 の記事があります。  → 全てのタグを表示

2012.03.15

はこうまニュース vol.72 (ミニ版)

hakouma_news_01

第56回 岸田國士戯曲賞、伊達市出身の藤田貴大氏ら3名に
松井哲朗氏の芝居感想録 「演劇随想 観劇片々」 第34号
TPS が機構改革、“札幌座” が4月に誕生 (Free Paper WG)
シアターキノ FSAC: コンカリーニョ 斎藤ちず氏 (WG)
北海道演劇 ツイッター利用度調査“学生版” はじめました

2012.02.17

2/17 劇団TPS 「亀、もしくは…。」 美唄公演

とある精神療養サナトリウムに、一人の医学生が見学実習に訪れる。医師、看護士、そして、自分のことを「亀」だと思っている患者…。いったい誰が患者で誰が正常なのか…、誰が観客で誰が演じている者なのか…。舞台と客席の境界線は波のように押し寄せ、あっという間に引いて行く。» More

2012.02.12

2/12 劇団TPS 「亀、もしくは…。」 清田公演

とある精神療養サナトリウムに、一人の医学生が見学実習に訪れる。医師、看護士、そして、自分のことを「亀」だと思っている患者…。いったい誰が患者で誰が正常なのか…、誰が観客で誰が演じている者なのか…。舞台と客席の境界線は波のように押し寄せ、あっという間に引いて行く。» More

2012.02.04

2/4-11,2/18-25 劇団TPS 「亀、もしくは…。」

とある精神療養サナトリウムに、一人の医学生が見学実習に訪れる。医師、看護士、そして、自分のことを「亀」だと思っている患者…。いったい誰が患者で誰が正常なのか…、誰が観客で誰が演じている者なのか…。舞台と客席の境界線は波のように押し寄せ、あっという間に引いて行く。» More

2012.01.28

1/28-2/25 札幌演劇シーズン 2012-冬

スポーツや観光に「シーズン」があるように、演劇にもシーズンがあるのをご存知ですか?どの街にも劇場と専属のプロ劇団があり、また地元の劇団が蓄えてきたレパートリー作品の上演を人々が心待ちにする― 私たちはそうした欧米の劇場文化をぜひ札幌にもつくりたいと考えています。» More

2011.12.24

12/24-12/25 TPS 「クリスマス・キャロル」 札幌公演

初老の商人スクルージは冷酷無慈悲の守銭奴で、人間の心の暖かみや愛情とは無縁の日々を送っていた。クリスマスの前夜、死んだはずの仲間が幽霊となって現れて― WATER33-39 清水友陽の演出によるチャールズ・ディケンズの名作!札幌劇場祭 Theater Go Round 2010 大賞受賞記念公演!! » More

2011.12.22

12/22 TPS 「クリスマス・キャロル」 滝川公演

初老の商人スクルージは冷酷無慈悲の守銭奴で、人間の心の暖かみや愛情とは無縁の日々を送っていた。クリスマスの前夜、死んだはずの仲間が幽霊となって現れて― WATER33-39 清水友陽の演出によるチャールズ・ディケンズの名作!札幌劇場祭 Theater Go Round 2010 大賞受賞記念公演!! » More

2011.12.04

12/4 TGR2011 札幌劇場祭大賞 公開審査会・表彰式

12月4日、今、一番おもしろい舞台が決まる。TGR最終日に 「札幌劇場祭大賞」 発表!! ― 大賞エントリー作品の中から、“今、一番おもしろい舞台” に贈られる芸術祭大賞を cube garden で発表!審査と表彰式の様子は一般の皆様にも公開します。ぜひ会場にお越しください!» More

2011.11.27

11/27-12/3 TPS 「霜月小夜曲 -ノヴェンバーセレナーデ-」

高校の仲良し3人組だった少女たちは、卒業記念にチェーホフの「三人姉妹」を演じる。それから25年、三人は再会を果たしたが― 名寄市・智恵文を舞台に、北海道の短い秋の儚さと、そこに生きる“曲がり角を過ぎた”女性たちの切なさを、セレナーデの余韻と共に、時にユーモアを交えて描く。» More

2011.11.25

NPO法人 TPSくらぶ 会員募集

観劇を通じ、楽しみながら演劇を応援する団体です。TPS公演ご招待の他、弦巻楽団公演、シアターZOOの対象公演が半額。毎月の交流会「TPSサロンの会」にもご参加頂けます。
年会費:¥14000 学生¥10000 高校生以下¥7000
詳細: →北海道演劇財団:TPSくらぶのご案内

2011.09.29

9/29-10/2 劇団千年王國 「きみしかいない」

小国の危機は、王女ミキヨリの手で救われた。だが面目を潰された島のシャーマンたちは、王女達こそが災厄の元凶であると告発する― ネイティヴ・アメリカンの世界創造神話を軸に描かれる魔女の物語と、それを上演する市民劇団― 2000年にわたる、女たちの友情が浮き彫りになってゆく。» More

2011.08.25

8/25 「札幌演劇シーズン 2012冬」 製作発表記者会見

100人の演劇人が活躍する街をめざして
「札幌演劇シーズン 2012 冬」 製作発表記者会見
SAPPORO ENGEKI SEASON * 12/W
会場: 紀伊國屋書店札幌本店 1F インナーガーデン
入場無料  詳細: →SPIN→会場HP » More

8/25 ACF 第6回 芸術・文化フォーラム 「演劇は街の馨り」

芸術・文化は、まちの個性であり誇りです。札幌をもっと芸術・文化のあふれるまちにしたい、そんな想いから「芸術・文化フォーラム」(ACF)が結成されて4年になります。第6回目のフォーラムは「演劇は街の馨り」をテーマとして、演劇の現状と課題について議論を深めます。» More

2011.06.09

6/9-6/19 TPS+劇団青羽 「蟹と彼女と隣の日本人」

何がそんなに 悲しくて 路面電車が むせびなく― 忘れられない インチョン波止場で 私のハモニカ吹いてくれた あの人 あの人 あの人の唇 ― 「蟹と無言歌」で TGR 札幌劇場祭2009 特別賞(演出賞)を受賞した斎藤歩とキム・カンボのコンビが再び!韓国と北海道での新作上演!» More

6/9-6/11 TPS+劇団青羽 「蟹と無言歌」 (情報修正)

※上演作品は 新作 「蟹と彼女と隣の日本人」 となります
サンピアザ劇場企画公演・プレミアムステージ
TPS+劇団青羽(チョンウ) 提携公演 「蟹と無言歌」
会場: サンピアザ劇場 一般¥3000 ほか
詳細: →北海道演劇財団→会場HP

2011.05.08

5/8-21 TPS+青羽 「蟹と彼女と隣の日本人」 (韓国)

何がそんなに 悲しくて 路面電車が むせびなく― 忘れられない インチョン波止場で 私のハモニカ吹いてくれた あの人 あの人 あの人の唇 ― 「蟹と無言歌」で TGR 札幌劇場祭2009 特別賞(演出賞)を受賞した斎藤歩とキム・カンボのコンビが再び!韓国と北海道での新作上演!» More

2011.04.30

はこうまニュース vol.48 (ミニ版)

hakouma_news_01

募集:劇団・劇場の危機対応に関するアンケート (Next)
戯曲も扱う「架空ストア」電子書籍に関する意見募集
都立六本木高校演劇部の自主公演大盛況(togetter)
劇団TPS劇団千年王國 が韓国・光州平和演劇祭へ
ドラマシアターども がWEBリニューアルシリウス通信

2011.03.08

3/8-3/27 TPS レパートリー 「西線11条のアリア」

雪嵐が舞う真冬の札幌。吹き曝しの電停で市電を待つ一人の男の周りに、奇妙な人たちが集まってくる。見た目はまあまあ普通。でも何だか様子がおかしい。寒さに震えつつじっと待つ人々は、何を待ち、どこへ行くのか― 実在の電停を舞台に展開する札幌発・旅立ちのファンタジー。» More

2011.03.05

3/5-3/25 TPS レパートリー 「アンダンテ・カンタービレ」

合併に揺れる田舎町の合唱団。町民文化祭で優勝すれば交流事業でロシアに行けるが、思いはどこかチグハグでばらばら。それぞれの事情や秘密、過去の出来事が気持ちを屈折させる。なんとなく成り立っていた小さなコミュニティ。そこに、札幌から合唱指導の教師がやって来て― » More

2011.03.01

3/1-3/26 TPS レパートリー 「秋のソナチネ」

蕎麦屋になぜか置かれた1台のピアノ。開店準備に追われる店主の前に現れたのは、長い旅に出ていた父親に若い女。暖簾を出す前にやって来た兄妹の客。慌てる店主を気にもせず人々は呑気に酒を飲みだす。大晦日の夜、出前に行ったはずの店員は蕎麦を持ったまま戻ってきた― » More

3/1-3/27 劇団TPS 「TPS レパートリーシアター」

お芝居って観たことありますか?全国規模の演劇フェス等で評価の高い劇団も札幌には多数あります。映画を観るようにレストランで食事をするように、劇場で生の舞台を味わってみませんか?きっとあなた好みの、その時、その場所だけに生まれる素敵な 「演劇」 に出会えるはず。» More

2011.01.28

1/28 TPS公演 「秋のソナチネ」 江別公演

「あ、これ、雨竜の新蕎麦ですね」― 秋から歳末にかけての小さなお蕎麦屋さんを舞台に、北海道で生きて行く事、そして死んでいく事、そんな悲喜交々を、とある奇妙な家族とその周囲の人々のドラマとして描きました。やさしくて身近な、ソナチネで紡ぐ小さな秋の物語。» More

2011.01.26

1/26 TPS公演 「秋のソナチネ」 小樽公演

「あ、これ、雨竜の新蕎麦ですね」― 秋から歳末にかけての小さなお蕎麦屋さんを舞台に、北海道で生きて行く事、そして死んでいく事、そんな悲喜交々を、とある奇妙な家族とその周囲の人々のドラマとして描きました。やさしくて身近な、ソナチネで紡ぐ小さな秋の物語。» More

2010.12.25

12/25-1/1 tps イヨネスコ 「椅子」 / 映画 「白鳥の歌」

tps 小文字で大作シリーズ3年目の今年も古典不条理劇の傑作「椅子」に挑みます!今回は劇団員に加え「春の夜想曲」に客演の金沢碧さんも出演。さらに、演出・斎藤歩が初監督を務めた映画「白鳥の歌」の上映もございます。年末年始はゆっくりと、演劇と映画を楽しみませんか?» More

2010.12.06

はこうまニュース vol.33 (ミニ版)

hakouma_news_01

若手演出家コンクール2010決勝進出の4名が決定
TPS も3月にロングラン。レパートリーから3作品を上演
シアターホリック大晦日恒例の「アワード」は0時発表に
上海ハプニング 「追跡NINJA」 が実現 / →探偵ファイル
札幌劇場祭が閉幕。審査員総評の掲載開始(12/20~)

2010.12.05

12/5 札幌劇場祭大賞 公開審査会・表彰式

12月5日、今、一番おもしろい舞台が決まる。TGR最終日に 「札幌劇場祭大賞」 発表!! ― 大賞エントリー作品の中から、“今、一番おもしろい舞台” に贈られる芸術祭大賞を cube garden で発表!審査と表彰式の様子は一般の皆様にも公開します。ぜひ会場にお越しください!» More

2010.12.01

12/1-12/7 TPS 「クリスマス・キャロル」

初老の商人スクルージは、冷酷無慈悲の守銭奴で、人間の心の暖かみや愛情とは無縁の日々を送っていた。クリスマスの前夜、既に死んだはずの仲間の幽霊が現れて― 札幌で活躍する清水友陽(WATER33-39)を演出に迎え、チャールズ・ディケンズの名作に挑みます!» More

2010.11.26

はこうまニュース vol.32 (ミニ版)

hakouma_news_01

ハムプロジェクトが凱旋公演の千秋楽(12/19)をUst予定
参考:西日本新聞 特集・プレスリリースの作り方 (FPAP)
北海道のクラシック音楽マガジン「季刊ゴーシュ」が休刊
TPS 「クリスマス・キャロル」 が札幌芸術祭大賞を受賞!
fringe制作向け[ケーススタディ]への寄稿を受付開始

2010.09.27

9/27-9/28 TPS公演 「秋のソナチネ」 サハリン公演

「あ、これ、雨竜の新蕎麦ですね」― 秋から歳末にかけての小さなお蕎麦屋さんを舞台に、北海道で生きて行く事、そして死んでいく事、そんな悲喜交々を、とある奇妙な家族とその周囲の人々のドラマとして描きました。やさしくて身近な、ソナチネで紡ぐ小さな秋の物語。» More

2010.08.05

8/5-8/8 TPS 第30回公演 「ペール・ギュント」

真夏の新さっぽろに、最大で最悪の物語が現れる。清水友陽・すがの公・橋口幸絵を招き、公募に応じた俳優たちと土田英順・後藤ちしをの2名の音楽家も加えて、1867年、イプセンが世界に放った問題作を、斎藤歩があの有名な組曲を使わずに独自の音楽詩劇として再構築します。» More

2010.06.01

6/1-6/6 tps 「悲しき天使たち -2010年の三人姉妹-」

生きて行かなければ…生きて行かなければね ― 「悲しき天使」という曲があります。もともとはロシアの曲で、原題を訳すと「長い道を」となります。辛く思い通りにならないことばかりのその道の先にも、何とか希望の光を見いだして歩き続ける。それは人間の法則なのかもしれません。» More

2010.05.31

締切5/31 TPS公演 「ペール・ギュント」 出演者募集

TPSの8月公演、イプセンの大作詩劇 「ペール・ギュント」 は、清水友陽・すがの公・橋口幸絵ら札幌で活躍する劇作家・演出家を客演の俳優として迎えるほか、土田英順・後藤ちしを など在札の音楽家も出演。斎藤歩の演出による新作です。あと数名の出演者を募集いたします。» More

2010.03.12

締切3/12,4/2 TPS養成所 第12期生募集

tps_12

「舞台」という進路が札幌にあります― TPSは北海道演劇財団の付属劇団です。高い創造力を維持し、全国の演劇人との共同作業による優れた作品創造、地域からの新しい価値の発信を目指します。第一線の講師陣が直接指導に当たり、全国水準で活躍できる人材を育成します。» More

2010.03.06

3/6-16 TPS 「春の夜想曲 ~菖蒲池の団欒~」 (札幌)

札幌・中島公園、菖蒲池の小さな浮き島。そこに暮す家族の営みと不思議な男女の物語。チェロとピアノが奏でるショパン、チャイコフスキーのノクターンの生演奏が鮮やかに舞台を彩る― 2008年札幌で初演。その後、東京・沖縄・韓国で絶賛された舞台が、熟成の2年を経て再演。» More

2010.02.11

2/11-3/16 TPS 「春の夜想曲 ~菖蒲池の団欒~」

札幌・中島公園、菖蒲池の小さな浮き島。そこに暮す家族の営みと不思議な男女の物語。チェロとピアノが奏でるショパン、チャイコフスキーのノクターンの生演奏が鮮やかに舞台を彩る― 2008年札幌で初演。その後、東京・沖縄・韓国で絶賛された舞台が、熟成の2年を経て再演。» More