3/24 札幌私立3校高校演劇部 合同演劇祭 H2O

札幌私立3校高校演劇部 合同演劇祭 H2O
 
- 札幌北斗高校演劇部 『やさしく ふる 雨』 la pluie tombe doucement
- 札幌大谷高校演劇部 『葬儀の予定』
- 北星学園女子高校演劇部 『三月三十二日の人魚たち』
 
2024年3月24日
会場:北海道 札幌・北星女子高等学校 講堂 開演 14:00 (17:30 終演予定)
料金¥500
 
詳細
Twitter / 北星学園女子高校演劇部 @Hokuseigekibu
Twitter / 札幌北斗高校演劇部 @hokuto_drama
2024年3月24日 (日) 

  • 上演
    開演

    地区

    高校名
    上演作品

    区分
  • 1
    14:00

    北海道
    札幌北斗高校演劇部
    『やさしく ふる 雨』 作:須知英生

    「ね、美雨のお父さんってどんな人?」
    東京で暮らす美雨のもと、北海道から突如父親が
    やってきた。7年間連絡を取り合っていなかったため
    ぎくしゃくする二人。そして、降り止まぬ雨。
    「お父さんの用事ってなに?」
    札幌北斗高校が贈る心温まるホームドラマ。
    引用元) (フライヤー

    顧問創作
  • 2

    北海道
    札幌大谷高校演劇部
    『葬儀の予定』 作:渡辺たけし

    世界の片隅にある小さな葬儀屋で起こる、
    悲喜こもごものお話。
    そんなに遠くない、少しだけ未来のお話。
    この場所と、その少し先にある世界のお話。
    あの時や今、延長線上にある私たちのお話。
    「私たちは作り物の世界で生きている」 そんな、お話。
    引用元

    既成
  • 3

    北海道
    北星学園女子高校演劇部
    『三月三十二日の人魚たち』 作:皆川涼馬

    まるで人魚の肉を食べて不老不死になったかの
    ように、同じような日々が繰り返されていく。
    自分は成長しないのに、周りの人はどんどん
    先へと進んでいく。そんな境遇におかれた
    女子高生の人生の物語。北星女子演劇部が送る、
    SF (すこしふしぎな) 物語。
    引用元

    顧問創作